スポンサードリンク

2014年02月20日

【注意】スマホが急激に発熱 最高160度まで上昇することも

【注意】スマホが急激に発熱 最高160度まで上昇することも



国民生活センターが、スマートフォンの急激な発熱に
注意を呼び掛けています。

国民生活センターによりますと、スマートフォンや充電器の
発熱に関する相談が2009年度からの5年間で1000件を超えているという。
そのうち、やけどや充電器が焼け焦げるなどした事例が268件あり、
商品テストを行ったところ、ゲームアプリやテレビ電話を使用した場合や
充電器との接続部分に異物が入った場合などに
温度が最高で160度以上まで上昇するという。
ice.jpg


国民生活センターでは、異常を感じた際は直ちに使用をやめるよう
注意を呼び掛けています。

ice.jpg


昨年では中国で、スマートフォンを充電中に電話をしていた
20代の女性が感電死するなど、スマホを巡った事故が多いようです。
感電死した中国人女性が使用していた充電器は、正規品ではなく、
市販で安価で売られていたコピー商品だった模様。
正規品の充電器には変圧器が設置されており、安全な設計なところ
中国国内で安価で出回っている充電器には変圧器などは存在しない。

これが感電死につながったとされている。

非常に安価な充電器が巷にあふれている昨今だが、
この中国人女性のように、充電中にスマホを使って感電死する事も
多いに考えられること。

充電器は正規品を使用することを強くオススメしたいです。



posted by ななこの雑学 at 23:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

がんに備える

がん治療には数百万円もかかる治療法も



今は早期発見、早期治療ができれば、
医療技術の発達により、がんは治る時代になったといわれます。
ですが、がん治療にはとにかくお金がかかることは多くの方が
ご存知かと思います。

がん治療には自由診療のものが多く、治療費用の
全額が自己負担となるのです。

また、昨今人気の先進医療である陽子線や重粒子線による治療法は、
通常の放射線で用いられるX線のように、病巣の近くの正常な組織までにも
影響を与えてしまうリスクが少なく、病巣のみを効率よく狙い撃ちでき
従来の放射線照射や外科手術では困難だった疾患にも効果が出ています。

ただこの先進医療の技術料は、1〜3週間程度の治療一式で
300万円前後と高額で、保険などは使えず全額自己負担なのです。

また、がんで入院する際は、精神的な面から個室を希望する方が多く
その際に発生するベッド代の差額(数千円〜数万円)も自己負担です。

つまり、がん治療には治療費やその他の付随する自己負担額が
大きくなる可能性が高いということです。

もちろん、医療保険や医療特約に入っていれば入院した日数や
通院日数により、給付金や手術給付金を受け取ることができます。

ただ、がん治療の場合では、入院が長期にわたるケースが多く、
医療保険や医療特約の1入院限度日数を軽くオーバーしてしまい、
給付金が打ち止めとなり、十分なお金を受け取れない可能性が
あります。

また、最近のがん治療では仕事をしながら通院治療する
ケースも増えています。
つまり、入院しないために、医療保険のメインの保障である
入院給付金を受け取れないというデメリットがあるのです。

入院給付金の受け取りが手術給付金の要件になっているタイプでは
その医療保険がまったく役に立たないこともあります。


posted by ななこの雑学 at 15:46| 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

住宅ローンで家を買った時に入る団体信用生命保険


住宅ローンで家を買った時に入る団体信用生命保険


家.jpg


住宅金融公庫で住宅ローンを借り入れる際、
必ず半強制的に加入させられるのが「団体信用生命保険」で
俗にいう団信と呼ばれるものです。

これは住宅ローン契約時に、ほぼ強制的に契約させられる
生命保険で、ローン返済者がローン返済途中に死亡した場合、
死亡保険金をローン返済にあてて、その時点でローンが完済
してしまう仕組みになっています。


もし団信に加入していない場合に、
一家の大黒柱に万が一のことが起こったら、
残された家族が住宅ローンを返済し続けなければなりません。
もしも一家の大黒柱に万が一のことがあっても、
残された遺族が安心してマイホームに住み続けるために、
団信 はとても重要な生命保険といえます。


だ、住宅ローンを住宅金融公庫で借り入れるか、
民間金融公庫で借り入れるのかで大きな違いがあるのです。



それはどういうことかというと、
住宅金融公庫で住宅ローンを組んだ場合は、
団信はローンが完済するまで、自己負担で掛け続けなければなりません。


ですが、民間金融機関で住宅ローンを借り入れた場合、
民間金融機関の多くは、この団信の加入を住宅ローン借入れの
条件としているところは住宅金融公庫と同じですが、
大きく違う点は、民間金融機関で住宅ローンを借り入れたの場合、
団信の保険料は銀行が負担してくれるところです。


ただし、借入を起こす本人が健康状態が良好で、
生命保険に加入できる状態ではないと住宅ローンも
借入れできないということになります。


私が金融公庫で借り入れた際に加入した団信は
年間保険料が約10万円になっていました。

9月に家が建ち、住宅メーカーへの支払いも完済し、
10月から住宅金融公庫に返済がスタートすると同時に
団信の掛け捨てもスタートします。

2400万円を35年ローンで組み、月々均等、ボーナス払い無し
で月のローン額は8万7千円ほどでした。

これを毎月支払っていくのですが、
毎年10月になると、団信の保険料10万円がプラスされるのです。
夏のボーナスと冬のボーナスの中間月にあたる10月の返済は
かなりの痛手で、その月だけで17万8千円の出費になるのです。
これでは何のためにローン返済をボーナス無しにしたのか
まったく意味がありません。


そして今年住宅ローンの借り換えを決意したのです。


なぜ今年、ローンの借り換えを決心したのかというと、
民間金融機関に借り換えると、団信は銀行持ちになり、
更に金利も今支払ってる金利の半分以下になるからです。

この借り換えだけで月3万円+団信分が浮くことになります。

借り換え費用は30万円ほど手数料等が発生しますが、
団信3年分と考えれば痛くはありません。


住宅金融公庫で住宅ローンを組んでいる方で、
返済期間が10年前後の方は、いまいちど
民間金融機関の借り換えを検討されてみてはいかがでしょうか?

10年前の金利と今の金利は倍以上の開きがあります。
手数料等はかかりますが、団信を支払っている数年分で
ペイできる金額です。

月々の支払がぐっと楽になるので、消費税が上がる前に
ぜひ、民間金融機関の住宅ローンの借り換えを
検討してみてはいかがでしょうか^^
posted by ななこの雑学 at 03:18| 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

海外旅行に行く際の保険は必要か?


海外旅行に行く際の保険は必要か?


1.jpg


最近ではLCCなど航空会社の低価格化が進み、
より海外旅行が身近なものになってきました。

そして年に1回以上、海外へ旅行される方が増えています。
海外旅行へ向かう際、空港ロビーで「海外旅行保険」のカウンターを
目にすると思います。

たいていの方は少しでも旅行費用を浮かせたくて、
海外旅行保険には加入されない方が多いのではないでしょうか?

ですが、海外での思わぬトラブルや怪我、病気や災難は
いつ自分の身にふりかかってきてもおかしい事ではありません。

統計によると、日本の在外公館などに援助要請があった日本人は、
負傷者・死亡者ともに毎年400人を超えています。

外務省も、渡航時の海外旅行保険への加入をすすめています。

海外旅行保険が必要な理由で、もっとも注目すべきなのは、
ケタ違いに高い海外の医療費です。
「自分で医療保険に入っているから大丈夫」
「会社の健康保険から給付が受けられるから大丈夫」
などと思っている人は、残念ながら認識が甘いかもしれません。

医療保険や健康保険からの給付は、あくまでも日本国内ベースのため、
海外医療費としては十分な還付は期待できないのです。

例えば、海外で盲腸の緊急手術を受けた場合、
手術、入院費用の総費用は海外では100万円〜200万円強という
ところが少なくありません。

仮に5日間入院したとして、仮に医療保険から
入院給付金5000円×5日分+手術給付金20万円を受け取ったとしても、
受け取れる総額は22万5千円ですよね。

支払った総費用額からしてみると、気休め程度の額なんです。

では健康保険からの給付金はというと、
海外旅行中の受信費用は療養費払い(先に治療費の全額を
自腹で支払い、後から健康保険組合などに申請して給付金を受け取る)
となります。
もちろん全額はカバーできません。

そして、治療内容のレベルや治療費は国ごとに異なるため、
その費用のすべての給付はできない事になっているんです。

国内の保険での治療費の基準とした額だけが、
後日「海外療養費」として支給されるのです。

海外旅行保険はそんなに高額なものではありません。

飛行機の遅延によるトラブルなどもカバーしてくれたり、
万が一、飛行機が欠航となった場合にも大いに力を発揮してくれます。

そして最近多発している手荷物の盗難事故などの
トラブルにも保険が適用されます。

海外旅行の期間が長ければ長いほど、危険はついてまわるもの。

掛けててよかったと思えるように、
海外旅行へ行かれる方には、海外旅行保険をオススメいたしmす。



posted by ななこの雑学 at 00:21| 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

保険に入ることのメリット・デメリット


保険に入ることのメリット・デメリット


lgf01a201309230200.jpg


保険に入ることのメリットは主に二つにあげられます。

@まさかの事態に備えて、預貯金だけでは不足する額を
カバーできること

A税制優遇による節税効果


@は資産を多く持っているお金持ちには不要かもしれません。
いざという事態には自らの資産で賄えるので
あえて保険料というコストを払う必要はないからです。
ただ、持っている資産を子孫に残す相続対策の一環として、
預貯金よりも保険は節税効果が高いことから、保険を活用する
ケースが多いようです。
いわば資産防衛に使うといったところでしょうか。

一方、一般的な家庭なら、まず@のメリットのために保険を活用しますね。
因みに資産があればあるほど@の魅力は半減します。
逆にいえば、保険料負担が多すぎて、お金が貯められないご家庭では
本末転倒になるので注意が必要です。

なおAについては、まず支払った保険料について所得控除の
恩恵が受けられます。
また、預貯金にした場合には増えた分に対して通常20%分が所得税として
取られてしまうのですが、保険では支払った保険料よりも増えた満期返戻金等は
一時所得扱いになるため、50万円以上増えていなければ事実上、非課税です。

また、投資信託などほかの金融商品で運用した場合であれば、
運用益に対して通常10%または20%分の税金が差し引かれて
再投資となりますが、個人年金保険などの運用益に対しては
課税が繰り延べされる(その時点では課税されない)ので、
事実上の非課税になります。

また、死亡保険金については、一定額までは相続税が非課税になる
恩恵があります。
逆に、こうした恩恵をうけられないプランの保険は
あまりメリットがありませんので内容をよくご確認ください。


では保険に入るデメリットは何なのか?

保険には、保険会社の破綻に弱いというデメリットがあります。
たとえば、銀行が破綻した場合、元金1000万円とその利息は
預金保険機構で保護されています。
しかし、保険会社が破綻した場合、最低1割がカットされ、
最悪の場合は半分ぐらいになってしまうケースもあるのです。

ですので、保険を選ぶ場合には、契約する保険会社の
経営の健全性を調べたり、母体となる親会社などもチェックし、
保険を活用する上での自己防衛に努めましょう^^





posted by ななこの雑学 at 16:33| 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。