スポンサードリンク

2014年03月15日

住宅ローン(借り換え)審査に通らない理由

住宅ローン審査に通らない理由


am500_in052.jpg


これからマイホームを建てようと思っている方や
今現在の家を建て替えようとお考えの方、
中古物件を手に入れようとお考えの方などなど、
マイホームへの夢は果てしないものです。

高い賃貸料を払い続けるよりは、やはり自分名義の
マイホームに住みたいものです。

ですが、マイホームを取得するには大金が必要ですね。
一括で払えるくらいの貯蓄がある方は別として、
たいていの方は住宅ローンを組むことになるでしょう。

ですが、この住宅ローン、簡単に借入出来るわけではありません。
色々な審査が待っています。


今回は住宅ローン借り換えの手続きに必要な書類を記載します。

【借り換え書類】
ローン申込書(銀行分)
ローン申込書(保証会社分)
団体信用保険生命保険申込書
個人情報同意書
重要事項説明の受領書
運転免許証(裏表の写し)
健康保険証(写し)
印鑑証明書
住民票謄本
所得証明書(直近2年分)(公的機関で取得したもの)
源泉徴収票(直近2年分)(手書きの場合は社印が必要)
返済予定表
返済用通帳(1年分の返済履歴が必要)

【担保に関する書類】
土地・建物登記簿謄本
前面道路登記簿謄本
土地の公図
地籍測量図
建物図面
間取り図
火災保険証券(写し)
不動産売買契約書
建築工事請負契約書
建築確認通知書
重要事項説明書
物件の写真

【認可後徴求書類】
(借入銀行により書類の変更あり)
金銭消費賃貸契約書
抵当権設定契約書
登記原因証明情報
登記委任状
質権設定承認請求書
火災保険証券(原本)
登記済権利証(土地・建物)
出資加入申込書
繰上返済依頼書


上記の書類が必要となります。

以降、住宅ローン借り換えの場合で話を進めます。
新築や建て替えの住宅ローン借入の場合は、
たいてい、住宅メーカーが代行して書類をまとめてくれるので
自分が揃える書類は限られています。

住宅ローンの中途で借り換えをする場合は、
自分が書類集めに動かなくてはいけません。

たいていの方は土地・建物登記簿謄本などと一緒に
建物図面などの書類をまとめて保管していると考えられます。

自分で集める書類としては、
印鑑証明、健康保険証の写し、住民票謄本、所得証明書、
源泉徴収票、返済予定表、返済用通帳(1年分の返済履歴写し)
不動産売買契約書等です。

必要な書類は借り換えを実施する銀行で指示してもらえます。


さて、ここで全部書類がそろい、いよいよ借り換えの申し込み
というところですね。
借り換えの審査は二段階になっていて、初めに仮審査が実施されます。
この仮審査をパスしたら、本審査に進みます。

ここで重要になってくるのが、源泉徴収票と、健康状態、
そして家の現在の価値などですが、もっとも重要な部分、
銀行が目を付ける部分は住宅ローン過去1年分の返済履歴です。

この方は確実に返済しているか、返済能力があるかなどは
この履歴で判断されるようです。

住宅ローンの返済通帳が、電気代やガス代などの公共料金引き落としと
同じ通帳になってはいませんか?

もしも同じ通帳になっていた場合は通帳を分けることを
オススメします。

住宅ローン返済専用の通帳と公共料金などの引き落とし通帳は
区別しておくべきです。

住宅ローン返済日までに、口座へ返済分の入金をしていても
別の引き落としが先になり、返済分が返済できない場合があるからです。

友人がまさに、その状態で、ちゃんと返済分を口座に入れてたのに
「引き落としができません」と銀行から電話がかかってきていたそうです。

これを数回繰り返していると、返済が滞る要注意人物のレッテルを
はられてしまうのです。

そして次に住宅ローンの借り換えを実施する際、仮審査でも
審査が通らない状態になってしまうのです。


また、税金や年金保険料、携帯電話料金などの滞納なども審査が
通らない理由になります。

さらに、キャッシング枠がついているクレジットカードを
たくさん持っている方なども審査から落とされる場合があります。

なぜなら、クレジットカードのキャッシングはATMで簡単に
お金を借りれる事から、キャッシングしていなくても、
金融機関によっては、この枠が既に借りているものと
みなされてしまうことがあるのです。

住宅ローンを新たに組もうとお考えの方は、
使っていないクレジットカードは解約しましょう。
使っているクレジットカードでもキャッシング枠が
不必要であれば、キャッシング枠を外しましょう。
キャッシング枠の外し方は、クレジットカードの裏に
記載されている番号に電話をして、キャッシング枠を
外したい旨を伝えるだけでOKです。

そして最も重要な点は健康面です。
重病にかかっている方は住宅ローンの審査には通りません。

住宅ローンの審査に通るためには、健康で、返済する能力があり、
税金や公共料金などの滞納がなく、クレジットカードの
キャッシング枠が少ないこと。

これらが重要です。

これから家を買いたいと思っている方や、建て替えをしたいと
お考えの方で、住宅ローンを組もうと考えている方は、
まずはお金の面をきちんとしておくことが重要事項ですが、
健康維持についても気をつけるようにしてくださいね。



posted by ななこの雑学 at 22:10| 保険・ローン・カード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。