スポンサードリンク

2014年04月07日

4月14日 火星が地球に急接近 天候次第では肉眼で確認も

1週間後の4月14日。
火星が地球に急接近するそうです。

夜空を見上げて妙に赤い星があったら、それは火星なのだそう。
過去の大接近と比べると、今回はそこまで近くないそうですが、
明るさはマイナス1.4等級なので、
天気さえ良ければ誰でも肉眼で観察を楽しめるとのことです。

kasei.png


4月14日午後11時の夜空を天文シミュレーターの
「ステラナビゲーター」で作成してみると、
南の方角に火星が月と並んで見えるのだそう。

月の近くにある赤い星が火星なので、とても探しやすいそうですよ^^
左下に見える星は「スピカ」というおとめ座の星です。


4月9日には火星は衝(しょう)になるといわれています。
地球の外側を回る惑星が太陽のちょうど反対側にくる状態のことで、
このころは一晩中火星を観察することができるそうですよ^^
kasei2.png


地球は太陽の周りを365日かけて回っていますが、
火星は687日かけて回っているそうです。
このことから、地球と火星の接近が約2年2か月ごとに起きるんですね。

ただ火星の軌道は楕円形をしているので、
接近するごとに最接近距離が違ってきているそう。

今回の最接近の距離は9239万キロメートルだそうで、
2003年には5576万キロメートルまで近づく大接近でした。

次回、火星が地球に近づくのは2016年5月31日、
その次は2018年7月31日です。

2年毎に観察できる日が限られているので、4月14日
夜空を見上げてみてください^^

きっと火星を見つけられるはずですよ^^


posted by ななこの雑学 at 23:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。